NPO法人Dosapoへ

フリースタイルスキーHokkaidoサポーターズクラブが設立してから、2年半。
愛称のDoサポもだいぶ定着してきました。
2018年平昌オリンピックでは原大智選手が男子モーグル界初のメダル獲得。
モーグル界としても2002年ソルトレークオリンピックで里谷多英さんが2大会連続の銅メダルを獲得して以来の快挙となりました。

一方で、道産子選手からは2大会連続でオリンピアンがいない現実。
しかし、2018年4月に開催された世界ジュニア選手権には日本チームとして7名が出場する中、道産子選手が実に5名。そして一人は優勝、一人は3位。4年後に向けて、確実に道産子が力をつけてきております。

ここで、この状況をより強固なものにするためにも、Doサポも心機一転、より普及〜強化・支援までを一本化するべく生まれ変わることになりました。

今後は「NPO法人Dosapo」として、新たに動き始めます。
Dosapoはこれからも道産子からメダリストを輩出することを目指して、選手共々尽力していきますので、今後も変わらぬご支援・ご声援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

最近の投稿

関連ニュース